竹8シネマプロジェクト

TAKEHACHI CINEMA PROJECT

[竹8シネマプロジェクトとは?]

[竹8シネマプロジェクトとは?]竹田市民が記録した8ミリフィルムを集め、市民とつくる地域映画プロジェクトです。日常の暮らしを記録 したフィルムには、昭和時代の空気が鮮明に映し出されています。何気なく切り取られた竹田の街並や家族 の風景、祭りや運動会、市井の人々の暮らしの断片が地域映画として蘇ります。 映画づくりを支えるのは市民の皆さんです。フィルムを提供する方はもちろん、映画を彩る音楽は全て市民 による合唱や演奏です。子どもを対象とした映画制作の過程を体験する教室や、昔の竹田の暮らしを知るた めのインタビューなど、あらゆる世代の市民が参加出来る「場」をこの地域映画プロジェクトの制作過程で 創り出します。竹田市民の竹田市民による竹田市民のための地域映画を作る、竹8シネマプロジェクトに是 非ご参加ください。

8ミリフィルム募集

8ミリフィルム募集 | 「押し入れの中に眠っている 8ミリフィルムはありませんか?」 「押し入れの中に眠っている8ミリフィルムはありませんか?」 昭和時代に現竹田市内で記録された8ミリフィルムを募集します。子どもの成長記録や地域の記録など、預 かりしたフィルムは専門のスタッフがテレシネ(デジタル化)します。後にフィルムと同内容のDVDを制 作し、それと一緒に返却いたします。お持ちの方は、お気軽にご応募ください。※デジタル化するフィルムの本数には限りがございます。

集めるもの | 8ミリフィルム(シングル8、レギュラー8)※9.5ミリ、16ミリ、35ミリをお持ちの方はご相談下さい。

応募方法 | 貴重なフィルムは竹田市役所文化政策課が窓口となり、お預かりいたします。 毎月受付場所と日時を市報にてご連絡いたしますのでご確認ください。前期:2017年8月〜2017年10月 後期:2017年12月〜2018年2月 毎月受付場所の情報は公開していきます。 8月は16日(水)と30日(水)に竹田市役所3階会議室にて受付けます。[フィルム受け渡しお問い合わせ先] 竹8シネマプロジェクト実行委員会 窓口:竹田市役所文化政策課    〒878-8555大分県竹田市大字会々1650番地    Tel.0974-63-4837

フィルムをお持ちの方へ 受付からの流れ

フィルムをお持ちの方へ 受付からの流れ | ①フィルムを受付 フィルム受付時に「フィルム借用書」と「二次使用権承諾書」の内容に同意していただける方にはご署名を頂きます。印鑑をご用意ください。(ご承諾頂けない場合はテレシネ作業を致しかねます。)②テレシネ(フィルムのデジタル化) ご提供頂いたフィルムは調査、クリーニングの後、専門のスタッフがテレシネを行います。(デジタル化できるフィルムには本数に限りがございます。あらかじめご了承ください。)③返却 テレシネ作業完了後、お預かりしたフィルムとDVD(テレシネしたもの)を返却致します。ご家族やご友人とお楽しみください。④公開 ご提供頂いたフィルム映像は、2018年10月を目標に地域映画として使用するほか、竹田市の映像史料として保存・活用させて頂きます。また専用サイトでの公開や上映会等での使用をする予定しています。

プロジェクトスケジュール

大切にしたいこと | ①みんなに伝えること②みんなと作ること③みんなで目標を持つこと 誰が作るの? みんなって誰?竹田市民です。

プロジェクトの目的 | ①貴重な地域の「記録」を発掘 地域の記憶が色濃く映るフィルム映像をデータ化し、竹田市のアーカイブとして保存できるようにします。②竹田市民の「世代間交流の場」を創出製作過程において、幅広い層の市民が協働で作り上げることで、市民がふれ合える機会を増やします。③竹田の人を「元気」に!一人でも多くの高齢者や子どもたちに観て感じてもらえるように、今後に繋がる活用をします。例えば地域映画で回想法を行い、認知症予防に役立て、竹田のお年寄りを元気にしたいと考えています。④「Uターン・Iターン・Jターン」者の促進 完成した映像を情報発信することで、竹田の歴史・人の暮らしの営みを通じて「郷土愛」に繋げます。また、 県外の移住希望者に竹田の魅力をPRしていきます。

スタッフ紹介 | [竹8シネマプロジェクト実行委員会]代表:田部朋二 白井幸光(竹田地区)河野豊(久住町地区)児玉龍児(直入町地区)小出六十志(荻町地区)プロジェクトリーダー:小笠原順子(竹ノhaco代表)

スタッフ紹介

タケハコ教室について | 映画制作の一部を子どもが担います体験を教室にします。 子どもたちの募集や運営窓口は「竹ノhaco」が担当。 竹田で生まれた子どもの「タケハコ教室」で世界に一つだけの体験教室をプログラム化し、映画の制作を子どもが体験していきます。