竹8シネマプロジェクト | タケハチシネマプロジェクト

イベント

過去の「イベント」

タケハコ映画制作教室

<竹8×タケハコ映画制作教室>

カウントリーダーやエンドロールの制作で、
本格的な映画づくりを体験した2日間

● 開催日/2017年11月18日(土)〜19日(日)
● 開催場所/竹田分館

11月18日〜19日と、2日間にわたって開催された『タケハコ映画制作教室』。
初日は、東京の岩波ホールの映写技師・石川亮さんと、(株)IMAGICAウエストのフィルム技術者・郷田真理子さんの指導で、映画で使用するカウントリーダーを制作しました。子どもたちが1枚1枚描いた18コマ分の絵を、アニメーション動画として8ミリフィルムでコマ撮り。そして今回は、なんと撮影したフィルムの現像作業も子どもたちが担当することに! 劇薬を使用する現像は、本来なら子どもたちには手がけられない作業ですが、特別に準備した食品などの安全な素材で代用することで、滅多に経験できない貴重な作業を体験することができました。
次の日は、映画の最後に流すエンドロールのプランニングと制作です。参加者の子どもたちがそれぞれチームに分かれ、8ミリフィルムを提供したおじいちゃんたちとともに自分たちが出演するプランを企画。その後は、それぞれが提案した個性あふれる企画をもとに、屋外で実際の撮影をスタート。子どもたちの元気な姿に加え、「これはいいなぁ、楽しいなぁ」と、出演するおじいちゃんやおばあちゃんの声にも大盛り上がりの現場。ひとつの作品づくりに世代を超えて取り組み、その完成を楽しみにする。そんな素晴らしい思いを共有できた催しとなりました。

ページの先頭へ